Q&A
Q,ドローンの資格はありますか。
A,当法人では国土交通省認定資格を取得したパイロットのみがフライト業務を行っております。すべての機体とパイロットが年間包括飛行許可を取得しております。パイロットは航空法に精通し、ドローンの資格の以外にも第1級陸上特殊無線技術士・航空特殊無線技術士など多数の資格を取得しております。
Q,業務内容を教えて下さい。
A,当法人では計測・点検・空撮業務をはじめ様々なサービスを行っております。詳しくは事業内容をご覧ください。当社は多くのドローンサービス会社と取引がございますので、大きな案件や新しい案件などのご相談もお受けいたします。
Q,メガソーラーのAI点検について教えて下さい。
A,当社が保有する赤外線カメラと産業用ドローンでメガソーラーを自動飛行にて撮影し、太陽光パネルのコンディションをAIがクラウド上で解析いたします。解析結果をレポートにしてお渡しします。
Q,空撮写真の価格を教えて下さい。
A,お客様のご予算とも相談いたします。お気軽にお問い合わせください。
Q,写真測量とレーザー測量の違いを教えて下さい。
A,写真測量は、地表に標定点を設置して現場の写真を撮影し、三角測量の要領で図面を作成します。写真技術とドローンの飛行性能の向上に伴い、写真測量によって得られるデータ量・正確さは日々向上しております。レーザー測量では樹木、或いは樹木以外の遮蔽物があった場合でも測量が可能です。写真測量に使用するカメラよりもレーザーの照射角の方が広い為、広い現場の計測で威力を発揮します。空中に存在する電線等の障害物の正確な位置を予め図面上に反映できます。基準点の設置が不要なのでより業務完了までのスピードが向上します。写真計測が困難な陰の多い場所、夕暮れなどの時間帯であっても測量が可能です。但し、機体が非常に高額であり、単価が上がります。
Q,風の影響で業務が行えない場合はどうなりますか。
A,業務が行えるまで待機いたします。それでも業務が出来ない場合は予備日にフライトを行います。風に関しては地形・周囲の環境・業務内容により大きく異なります。飛行可能か、一部の業務のみ可能かは現地派遣パイロットが状況に応じて総合的に判断致します。安全上の理由から必ずパイロットの判断を尊重頂きますようにお願い致します。
Q,雨天でも業務を行いますか。
A,Matrice210RTKはIP43レベルで多少の雨でも飛行は可能ですが、カメラレンズに水滴がつきますと業務に支障が出ますので可能な限りフライトは行いません。
Q,保険には加入していますか。
A,はい、加入しております。詳しくはお問い合わせ下さい。
Q,安全思想について教えてください。
A,離陸前に、風や気象状況、地形、視程の確認を行い、安全が確認できた場合のみ離陸致します。不測の事態が起こった場合を想定し、離陸前に最も被害の少ない場所を検討します。最も危険なのはパイロットがパニックに陥ることです。慌てず地面に落下する瞬間まで諦めずに操縦を行います。万が一の場合は当社の安全マニュアルをもとに行動を行います。

 

 

スカイオーシャンキャピタルパートナーズ合同会社

所在地
滋賀県大津市中庄二丁目2-36

電話
090-3057-9519

営業時間
8:45~17:15

定休日
土曜、日曜、祝日